• Yoshiharu Arakawa

新しい家族が仲間入り

更新日:6月25日


ともに15歳になったアンジー&ジュンは、無添加の鯛や野菜のジャーキが大好きで、おやつとしてや、固形のフードの食が進まない時などに与えてます。


イオンモールKYOTOにある「PeTeMo」には、こうした無添加のスティックが沢山あるので、多いときは隔週で買っていました。


このお店に向かう時は、「ペットプラス」のワンちゃんの前を通ることが多く、可愛い子犬や子猫が目に入ってきます。ショーケースは天井のない開放的な空間が救いで、広めのスペースで子犬たちが、元気で楽しそうに戯れあっている姿が見られます。


ただ、ミニチュアダックスのカニンヘンが、3ヶ月以上ずっとそのショーケースにいることが気になっていました。「この子の兄弟はみんなお迎えがありました。」とお店の方から知らされると、よけいに不憫に思いました。お店の前を通るたびに、「まだいてる。」「今日もいてる。」と杞憂に終わればよいのですが、心配して悪い思いを巡らせることもありました。


とても気になるということは、何かしら不思議なご縁で繋がっていたのか、この子は我が家の新しい家族として迎えることになりました。名前は9日生まれなので、家内がクーちゃんと命名しました。体重は6ヶ月で5キロを超えたので、とてもカニンヘンと呼べません。


元カニンヘンのクー、二匹の老犬に煙たがられながらも、毎日元気いっぱいで遊んでいます。2階からの騒がしい足音やらで、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、みなさまどうぞ宜しくお願いします。

58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示