top of page
あんじゅ京都カイロプラクティック研究所の受付
あんじゅ京都カイロプラクティック研究所(あんじゅ庵)受付
京都カイロプラクティック研究所(あんじゅ庵)治療テーブル

▼ 当院にこれまでご来院された方の主な動機と主な症状

慢性的な首肩の凝り腰痛のある方。痛みがあるのに病院で異常なしと診断されお困りの方

これらの痛みや不定愁訴以外に見た目の変化が気になって来院される方も最近増えています。

具体的には

・最近首が短くなってきた・首が短くなって顔が大きく見える・下あごがすっきりしない(フェイスラインが以前と違う)

片方の肩が上がってる(片方の肩が下がっている)・骨盤まわり、お尻が大きくなった・ウエストラインのくぼみが左右違う

骨盤の高さが左右違う下肢の間が開いてきた・足のサイズが小さく(大きく)なってきたなどです。

多くは姿勢や習慣に起因することが多く、写真や図譜、模型でご説明しながら治療させて頂いています。

IMG_3190.jpg

▼2023年 2月休診日のお知らせ

梅一輪一輪ほどのあたたかさとは申しますが、寒気厳しい日が続いています。

体調崩されませんよう、ご自愛ください。

日曜日・水曜日は休診日です。ご不便をお掛けしますがご了承下さい。

2月11日(土)建国記念日は祝日ですが、休まず治療させていただきます。

写真:受付の山本さん(大学3年生)髪色が変わりました。

私のカイロ治療体験記

(カイロフォーラム)

 

INDEX       Thank you for taking the time to visit our web site

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のご案内。治療室付近(京都市中京区)の地図・交通、施術費、ご予約および施術時間帯。所長からのご挨拶と自己紹介など。

実際のカイロプラクティック施術の検査プロセス(問診・姿勢分析・神経学テスト・整形学テスト・モーションパルペーション・筋力テスト)を具体的に写真入りで説明しています。また頭蓋顔面骨・胸郭部・骨盤部・足部へのアプローチの一例、カイロの適応症(腰痛・下肢の痛み)(手のしびれ・むくみ)、検査・治療後の説明を記載しています。骨模型や解剖学図譜を利用して出来るだけわかりやすい説明を心がけています。
患者さまからの治療体験記と寄稿、所長・治療室スタッフからのメッセージ。はじめてカイロプラクティック施術を受ける方にとって、患者さまの生の声である「治療体験記」は、きっと参考になるはずです。
​所長のエッセイはカイロプラクティックに関係のない内容も多いですが、お時間が許せばどうぞご覧下さい。
お化粧や流行りのファッションも大事ですが、姿勢や歩き方が悪いと、その日の装いの努力も無駄に映ります。またカイロプラクティックの効果を生かすのも駄目にするのも日常の歩き方・姿勢です。
甲高・ハイアーチで足の甲が硬く、捻挫をよくされる方など一度ご覧下さい。足部・歩き方にご興味が沸くこともあれば望外の喜びです。
カイロプラクティックとは?カイロの歴史から科学性、適応症・禁忌症に至るまで詳細な解説。整体や東洋医学との違いが明快に判ります。
 

肩こり、首の痛み、頭痛、腕の痛み、背部痛、腰痛、腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など、あんじゅ京都カイロプラクティックにご来院くださる患者様の代表的な症状について説明させて頂きます。

​どこへ行っても痛みの原因、辛い症状の原因が分からない、そのような場合、せひ一度当院へご相談ください。

健康を細胞レベルからじっくりと考えてみることも一度は必要です。生活習慣病を最新の分子栄養学の知見から説明しています。分子栄養学のセミナー「杏林二十一の会」で学習した当院スタッフによる研修会参加レポートなど。

患者さんから、よくお尋ねされる、素朴な疑問点など、まとめてみました。

 

お知らせと更新記録です。

 

患者さんから女子力が高いと言われ、複雑な心境にもなるのですが、懲りずに買ってしまう雑貨などを写真に収めました。愛犬の写真も加えました。お時間のある方は覗いてみて下さい.

 

Facebookの個人ページから写真を選んでみました。これまで公開は、Facebook上の「お友達」に限定していましたので、沢山の方に見ていただけたら嬉しいです。Instagramの写真もこちらからご覧いただけます

1996年にオープンした京都南カイロプラクティック研究所の「画像掲示板」以来の新しいブログです。これまでのFacebook個人ページでの投稿も随時ご紹介させていただきます。

皆さん優しくて人間的に素晴らしい方ばかり。プロフェッショナルなお仕事をされている方は違います。

これまで多くの講演のご依頼をいただきました 感謝!

桃山保険協議会にて講演 あんじゅ京都カイロプラクティック研究所
幼稚園での講演より
日野小学校での家庭教育講演会
幼稚園での講演より
JCA支部認定セミナー北陸支部での講演より

▼「桃山保険協議会」で講演(2018.5.6)

テーマ「痛みと習慣」 姿勢から激しい痛みの出現へ

 小学校の「家庭教育講演会」(京都市教育委員会後援)では、軟骨から硬い骨組織に置き換わる「骨化形成」という大切な時期の姿勢の重要性についてお話ししてきました。普段何気なく行っている癖や悪い姿勢の習慣化によって、骨の形そのものの変形を招くことがあるからです。骨の形が変形した場合は元には戻りません。後悔しないように、骨の最適な成長を促す新たな視点から生活習慣を見直すことが大切です。

 一方、成人以降の悪い姿勢の習慣化は、激しい疼痛を出現させる原因となることがあります。私の治療室にも痛み止めを1日に4回も摂るような患者さんが頻繁に来院されます。骨格の傾きや歪みがどんどん蓄積され、骨が神経を圧迫したり、筋肉そのものが硬くなって神経を挟み込んで、激しい痛みを出現させることがよくあるのです。今回は姿勢からどのようなプロセスで痛みが出現するのかを、またその予防についてお話しさせていただきました。

 

 2018.5.6 所長 荒川善治

講演実績

● 京都商工会議所・(財)京都市中小企業振興センター・石川厚生年金会館(JCA支部認定セミナー北陸支部)・コンセイレ会館(JCA支部認定セミナー関東支部)・江崎器械式会社・ワコー教育サービスetc.

● 小学校での家庭教育講演会・幼稚園でのセミナー「成長期の子供の足を考える」

● 国家資格対象者へのセミナーその他、講演記録​(講師・非常勤講師としての活動は省略)

▼ 京都市内や府内の小学校における「家庭教育講演会」(京都市教育委員会後援)の講演実績は、開院以来30年間の信頼と、「あんじゅ京都カイロ研究所」をご愛顧していただいている皆様のおかげと感謝しています。これからもご期待に添えるよう努力精進して参ります。

▼「文藝春秋」編集部より原稿執筆依頼 ▼

 取材の形式で広告を出しませんか?と営業の電話が多々あります。その広告費用は数十万円と高額です。そんな余剰の費用があれば、患者さんのリラクゼーションに役立つ設備投資をしたほうがいいと常々考えています。​

 このような「広告取材」とは正反対なのが、株式会社文藝春秋などの総合出版社からの原稿執筆依頼です。謝礼として編集部より原稿料が振り込まれます。原稿料は患者さんに還元できるよう、癒し効果のあるアロマオイル等を調達しています。

bottom of page