Chiropractic Forum

私の忙中有閑(所長のエッセイ)

医療におけるグローバリゼーション

医療におけるグローバリゼーションを考えると、まず頭に浮かぶのが、ノーベル平和賞を受賞した国境なき医師団であろう。適切な医療を受けられることは、人種、宗教、イデオロギーにかかわらず、全ての病人の権利となるべきである。発展途上国においては、紛争による飢餓や貧困などの背景が存在し、また巨大化したNGOとしての新たな問題も抱えるものの、病める多くの人々に一人でも救いの手が伸びることを期待している。

 

次に、情報入手源のグローバル化、入手情報の適切な評価の必要性を背景に、他国の医療情報との互換性、医療情報の扱い方について共通の基準を設ける必要がでてきた。いわゆる医療の標準化である。国内における標準の作成もグローバル化を睨みながらの作業となる。医薬品の開発・使用もグローバルな EBM(根拠に基づいた医療)の動きの中で進められるようになった現在、日本もこの大きな世界的流れの中への積極的参加が強く望まれる。 

 

このような医療においてのグローバルバリゼーションが進むと、これまで批評や批判にさらされなかった医療に、「透明性」と「説明責任」を求める声は益々大きくなるであろう。 なかでも近年、脚光を浴びているのがEBM(根拠に基づいた医療)である。医療行為には根拠があると一般の方は信じていると思うが、実は必ずしもそうではなかったのだ。

 

身近には、交通事故で「むち打ち症」になると、病院では、牽引、電気治療などの物理療法、投薬、頚椎カラーなどのお決まりの処置が常である。患者の立場ではこれで快方に向かうとひとまず安心するのである。しかし、学際的で中立的な研究により、これらの病院での治療方法は、ムチウチ症には全く効果がないだけではなく、むしろ症状を悪化するという研究結果が報告されている。全ての人に平等に医療を提供することは大切であるが、その内容が根拠に基づかないものであれば話しはややこしくなる。 

 

イギリスでは、治療効果のないものは省き、効果のあるものを医療に反映させることにより、医療費削減にEBMの考えを活用する概念もつくられている。一方、上下を重んじる日本の社会においては、ある医療行為が根拠に基づいているかどうか、恩師や先輩に批判や批評を行うことは、医療の世界以外でも困難な土壌であると言える。いったい医療は誰の為にあるのだろうか。 

 

アメリカのグローバルスタンダードが必ずしも全てよい訳ではなく、国益を最優先にした外交政策には嫌悪感を持つが、社会の隅々まで権力の抑制と均衡というシステムが整備されている面においては、素直に日本も学ぶべきところである。日本の社会では医療の世界を筆頭にして、透明性や説明責任を重んじないでやってきたこれまでの経緯から脱却し、医療の標準化・EBMという医療のグローバリゼーションへの積極的な姿勢を望んでいる。

 

《注釈》国際化とグローバル化は意味が少々異なる。国際化とは、ある活動において国家の主導的役割や政策介入があるのに対し、グローバル化は国家の介入や役割は前提としていない。

 

私のカイロ治療体験記 

■『治らない両足の足底筋膜炎』大阪市 渡部様

■『いくつもの医療機関、治療院を経て』理学療法士 西村様

■『健康に留まらず、生きる喜びに向かって走る』 野々口様 

■『うづくまるひどい頭痛に悩まされて』 近藤様 

■『私とあんじゅ京都カイロプラクティック』 A.T, 

■『カイロとの出会いそして現在』 音楽講師 福井様  

■『カイロプラクティックでスタイルがよくなる?!』百貨店勤務 中村様  

■『良い出会い』 滋賀大学医学部5回生 依田様  

■『顎の痛みで不自由な生活を強いられた高校時代』関西外国語大学 児島様  

■『カイロ治療・・・膝の痛み』早稲田大学本庄高等学院応援部 石井様  

■『F. H. Lからと診断された腰痛』 臨床検査技師・国際細胞検査士 芦田様  

■『12年間悩まされた首の痛みが救われて』草津市 教師 坂田様 

■『カイロプラクティックの治療を受けて』京都市 講師 藤原様  

■『カイロ治療 私の場合』大阪市 宮城様  

■『晴ればれの記』作家 山田沙美様  

■『燃えて生きるために』美容業 滝本様 

 

私の見学日記 

「私の見学日記』南部カイロプラクティックセンター 南部 徹 先生  

 

所長の講演日記より 

■京都市立日野小学校で家庭教育講演 

■学校法人京都南カトリック学園 青谷聖家族幼稚園で講演 

■ NCA(日本カイロプラクティックアカデミー)北陸本部セミナー 

これまでの主な講演 

 

私の忙中有閑(所長のエッセイ)

■人権概念の生成過程と東アジアを中心とした現代の人権問題について考える

■BIS(自己資本比率)規制の目的と手段について想う

■現代社会が生み出した運動不足と不定愁訴 ーラジオ体操の勧めー 

■医療におけるグローバリゼーション

■シリーズ 「元気に百歳人生」 2012.10月発行 明倫自治連合会、季刊誌「めいりん」秋 Vol.4より

■「明倫学区ボウリング大会」 2013.4.7 / 明倫自治連合会発行、季刊誌「めいりん」、半世紀ほど前の祇園祭の写真、六角堂の鳩 

■京都市中京消防団第33回親睦ボウリング大会 2015.9.6 

 

原稿ーNCAカイロニュースへ 

■貴方の知らないことは見過ごしてしまう- NCA西日本本部ニュース『フラクタルWEST』98.5月号より 

■グローバル化時代の健康政策 -NCAカイロニュース巻頭文(1997)より- 

 

取材・掲載記事より 

■文藝春秋 「大養生 百歳人生の健康読本」平成15年7月15日発行

■日本画報‘96.1月号より

■杏林予防医学ニュースVol269より

 

VOICE OF STAFF 

■就職を機に「あんじゅ京都カイロ」を卒業することになりました staff 方山  

■声楽とカイロプラクティック staff 松田  

■Facebook 院長の個人ページから 

■野生ラベンダークリームづくり staff 平等 

■モスキートバスターズ staff一同 

■洗濯日和 院長 

■結婚で退職することに staff 小島 

■胎児・乳幼児のための亜麻仁油 staff 小島 

■はじめまして 坂本です  staff 坂本 

■大学卒業でカイロを退職 あんじゅ京都カイロ通信 No.10より  staff 古泉 

■タイ旅行記 staff 古泉 

■はじめまして吉本です あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 吉本  

■キャンギャル夏の体験記 あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 大下

VOICE OF STAFF番外編 

■「あんじゅ京都カイロ研究所」でアルバイトされる方のために staff 齊藤

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.

 

⇦ PC専用のサイトです

より詳細なコンテンツをご覧頂けます