手のしびれ、だるさ、むくみ、冷感、脱力

カイロプラクティック施術のプロセス

実際のカイロプラクティック施術のプロセスをわかりやすく説明しています

カイロプラクティックの適応症 手のしびれ、むくみ、冷感、脱力

​-胸郭出口症候群からの痛みやしびれ-

 

 

「腕から指にかけて痛くて痛くて、痛み止めのお薬を1日に3回飲んでいる」「牽引などの理学療法と鎮痛薬を飲んでいるが一向に改善しない。病院では頚椎の手術を勧められている」等の症状でお困りになって来院される方は実に多いです。

 

通院されている医療機関での治療経過が芳しくない患者さんの多くは、手術はできるだけ避けたいとの思いから、MRIなどの画像を持参され来院されます。病院では、頸部での狭窄や頸部椎間板ヘルニアに起因するといった診断名がほとんどです。しかし、私がこれまで診た患者さんの多くは上部肋骨に起因する症状が多く、疼痛または末梢の神経脱落症状が神経根または末梢神経の分布と一致しないことがよくあります。

 

痛みがひどい患者さんは、平均すると週に1〜2回の通院をお願いしています。治療1ヶ月を過ぎる頃には、痛みはかなり改善される方が多いです。脊柱管での狭窄が問題ないとすれば、どのような機序で痛みを引き起こすか、またどのような理由で痛みが軽減されるのかを具体的に模型や図譜を使って説明しています。

 

別の視点から、手のしびれ、だるさ、むくみ、冷感、脱力などを引き起こす可能性のある「胸郭出口症候群」について考えてみます。①前斜角筋と中斜角筋の間、②鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙、③小胸筋の下、その絞扼部位によって、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群(過外転症候群)を総称して胸郭出口症候群と言います。

上肢のだるさ、むくみ等の症状がみられる場合は、鎖骨下動・静脈圧迫、上腕神経叢圧迫が考えられます。また、肩こり、頸・肩部痛、手指のしびれ、手の握力低下や脱力等の症状がみられる場合にも、胸郭出口症候群での狭窄部位では上腕神経叢圧迫が考えられます。

手指の冷感、蒼白、痛み等の症状がみられる場合は、鎖骨下動脈圧迫による上肢の血行不良が疑われます。鎖骨下静脈が圧迫されると、静脈血の戻りが悪くなることから青紫色になることがあります。

 

​発生機序は不明とされることが多いようですが、私がこれまで臨床で診てきた限りでは、特定の姿勢をはじめとした生活習慣が大いに影響していることを確認しています。

カイロプラクティックの適応症 手のしびれ、むくみ、冷感、脱力

​-絞扼性神経障害からの痛みやしびれ-

 

 

休日に魚釣りをして、翌日眼が覚めると、親指から手の甲側がすごく痺れもう1週間になると、たいそう困った様子の60代の男性がみえた。お話をよく聴くと、鮎釣り(アユの友釣り)を朝から夕方まで1日していたそう。

 

痺れている側の腕でずっと竿を握っていたらしい。このような行動の後、症状が出現したとなると病因のめぼしはつけやすい。絞扼性神経障害について知識があると、肘関節あたりで橈骨神経の浅枝が障害されたのではないかと推測ができる。これが正中神経支配(前腕屈側の痛みと母指、示指、中指のしびれ)の症状なら、円回内筋による絞扼によるものが多い。

 

そこでトリガーポイントのように硬くなっている筋硬結を触れ治療することで、今回の鮎釣りの後遺症は噓のように、その場で自覚症状は消失した。

このケースのように原因が明らかな絞扼性神経障害が治療が進めやすいが、RAや女性のホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみを原因とする突発性の手根管症候群ではすこし時間がかかることが多い。

小指側のしびれは、胸郭出口からの問題を除外しさらに末梢レベルで考えると、「尺骨神経管症候群」と「尺骨神経溝症候群」に起因するものが多い。

尺骨神経管症候群は浅枝の障害で第4指と第5指に疼痛と知覚障害が認められる。深枝の障害では麻痺のみで疼痛の出現はない。尺骨神経溝症候群は、はじめに第4指と第5指に疼痛、知覚障害が認められる。知覚障害の範囲は尺骨神経管症候群とは異なり、手関節より遠位に認められる。

尺骨神経溝症候群、尺骨神経管症候群ともに、あんじゅ京都カイロプラクティックではパルペーション、モーションパルペーションによって検査、治療を行います。

 

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.

 

⇦ PC専用のサイトです

より詳細なコンテンツをご覧頂けます