Chiropractic Forum

私の忙中有閑(所長の独り言)

BIS(自己資本比率)規制の目的と手段について想う

金融取引の世界的拡大、取引手法の高度化によりどこの国の銀行が破綻しても世界の金融秩序に与える影響が大きくなってきたため、国際的活動をする銀行には自己資本比率に関して国際統一基準を満たすようにすることで、個々の銀行の安定性、健全性を確保し、ひいては国際的な銀行システムの安定性の向上、国際的に活動する銀行の競争条件の確保を目的としている。

 

従来我が国において、競争制限的規制が主たる規制体系下での自己資本比率規制強化は、マクロ的には金融システムの安定性を維持するという目的のため、またミクロ的には個別金融機関の健全経営を促進するという目的を有し、米国においてのBIS規制が担っている役割とは大きく異なっていたにもかかわらず正当化されている。

 

このような目的の達成手段として自己資本比率規制を考える場合、第一にインセンティブ規制として機能すること、第二は、自己資本が銀行破綻時において預金者の債権を保全するための純資産を自己資本と定義づけることであった。 

 

我が国は保守主義の立場から「含み益」の自己資本参入を英・米に認めさせた結果、狭義の自己資本では達成し得ない高い最低自己資本比率を保つことができた。これにより邦銀は、旧来の制度論理を継承するだけでなく、「護送船団方式」に養われた自主性・自己責任意識欠落からの回復をも鈍らせることとなった。

 

当時、地銀が反対した理由は、経営者の責任で維持・向上させるのが自己資本比率の本来の数字であったにもかかわらず、含み益を自己資本に算入することで景気の善し悪しで経営成績に反映されることを嫌ったからであった。不幸にもこの予想は的中し、自己資本比率規制が、銀行の貸出行動と株式市場の状況が連動することになった。

 

このため平成10年4月からの「早期是正措置」発動により、株価の大幅な上昇が期待できない現状において、邦銀は分母のリスクアセット総額減らしに力を注いだ結果、いわゆる貸し渋りを招くに至った。当然ながら土地担保融資をベースとする日本型間接金融システムも機能低下に陥っている。

 

結果的にこのような日本的含み経営が、インセンティブ規制として機能することなく、加えてBIS規制の目的の一つである「国際的な銀行システムの安定性の向上、国際的に活動する銀行の競争条件の確保」にも反して、グローバル・スタンダードからみての非効率化、リスクへの挑戦を困難なものとなっている。

 

また自己資本比率規制は、預金保険制度を初めとするセーフティ・ネット下でのモラルハザードの誘因を低減させるものと見る向きもあるが、残念ながら日本長期信用銀行は、日銀考査の際に虚偽の資料を提出、1998年3月期決算で粉飾決算をしたとして元頭取ら3人が証券取引法違反で逮捕・起訴されている。

 

このように自己資本比率規制の強化は、金融自由化に伴う規制再編の象徴と目されていたが全く機能しなかったのである。現状を顧ると、解決すべき課題もあるが会計基準としての時価主義採用や各種リスク情報を中心としたディスクロージャー拡充などのインフラの整備が極めて重要であると考える。

私のカイロ治療体験記 

■『治らない両足の足底筋膜炎』大阪市 渡部様

■『いくつもの医療機関、治療院を経て』理学療法士 西村様

■『健康に留まらず、生きる喜びに向かって走る』 野々口様 

■『うづくまるひどい頭痛に悩まされて』 近藤様 

■『私とあんじゅ京都カイロプラクティック』 A.T, 

■『カイロとの出会いそして現在』 音楽講師 福井様  

■『カイロプラクティックでスタイルがよくなる?!』百貨店勤務 中村様  

■『良い出会い』 滋賀大学医学部5回生 依田様  

■『顎の痛みで不自由な生活を強いられた高校時代』関西外国語大学 児島様  

■『カイロ治療・・・膝の痛み』早稲田大学本庄高等学院応援部 石井様  

■『F. H. Lからと診断された腰痛』 臨床検査技師・国際細胞検査士 芦田様  

■『12年間悩まされた首の痛みが救われて』草津市 教師 坂田様 

■『カイロプラクティックの治療を受けて』京都市 講師 藤原様  

■『カイロ治療 私の場合』大阪市 宮城様  

■『晴ればれの記』作家 山田沙美様  

■『燃えて生きるために』美容業 滝本様 

 

私の見学日記 

「私の見学日記』南部カイロプラクティックセンター 南部 徹 先生  

 

所長の講演日記より 

■京都市立日野小学校で家庭教育講演 

■学校法人京都南カトリック学園 青谷聖家族幼稚園で講演 

■ NCA(日本カイロプラクティックアカデミー)北陸本部セミナー 

これまでの主な講演 

 

私の忙中有閑(所長のエッセイ)

■人権概念の生成過程と東アジアを中心とした現代の人権問題について考える

■BIS(自己資本比率)規制の目的と手段について想う

■現代社会が生み出した運動不足と不定愁訴 ーラジオ体操の勧めー 

■医療におけるグローバリゼーション

■シリーズ 「元気に百歳人生」 2012.10月発行 明倫自治連合会、季刊誌「めいりん」秋 Vol.4より

■「明倫学区ボウリング大会」 2013.4.7 / 明倫自治連合会発行、季刊誌「めいりん」、半世紀ほど前の祇園祭の写真、六角堂の鳩 

■京都市中京消防団第33回親睦ボウリング大会 2015.9.6 

 

原稿ーNCAカイロニュースへ 

■貴方の知らないことは見過ごしてしまう- NCA西日本本部ニュース『フラクタルWEST』98.5月号より 

■グローバル化時代の健康政策 -NCAカイロニュース巻頭文(1997)より- 

 

取材・掲載記事より 

■文藝春秋 「大養生 百歳人生の健康読本」平成15年7月15日発行

■日本画報‘96.1月号より

■杏林予防医学ニュースVol269より

 

VOICE OF STAFF 

■就職を機に「あんじゅ京都カイロ」を卒業することになりました staff 方山  

■声楽とカイロプラクティック staff 松田  

■Facebook 院長の個人ページから 

■野生ラベンダークリームづくり staff 平等 

■モスキートバスターズ staff一同 

■洗濯日和 院長 

■結婚で退職することに staff 小島 

■胎児・乳幼児のための亜麻仁油 staff 小島 

■はじめまして 坂本です  staff 坂本 

■大学卒業でカイロを退職 あんじゅ京都カイロ通信 No.10より  staff 古泉 

■タイ旅行記 staff 古泉 

■はじめまして吉本です あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 吉本  

■キャンギャル夏の体験記 あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 大下

VOICE OF STAFF番外編 

■「あんじゅ京都カイロ研究所」でアルバイトされる方のために staff 齊藤

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.

 

⇦ PC専用のサイトです

より詳細なコンテンツをご覧頂けます