• Yoshiharu Arakawa

WHOが10年以内の骨折リスク評価方法を開発


FRAX(fracture risk assessment tool)とは、WHO(世界保健機関)が開発した骨折リスク評価法です。パソコンで簡単に調べることができるインターネット上での計算ツールです。是非、皆さん使ってみてください。

これは個々の患者さんをベースにしており、臨床上の危険因子ならびに大腿骨頸部の骨密度(BMD)を組み合わせてリスクを計算します。(骨密度の数値が分からなくても、計算します)

このFRAXのモデルは、ヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリアでの人口に基づきくコホート研究から開発されました。このサイトで利用できるFRAXは最も高機能なものでコンピューター処理されます。

FRAXのアルゴリズムは、10年以内の骨折発生リスクを算出します。

10年以内の大腿骨近位部骨折の発生リスクと10年以内の主な骨粗鬆症骨折(脊椎、前腕、股関節部あるいは肩部の臨床的な骨折)の発生リスクが出力されます。

http://www.shef.ac.uk/FRAX/tool.jsp?lang=jp

ページを開くと、英文ですので、右上の言語を「日本語」にしてください。

上のバーの計算ツールをクリック。

アジア→日本を選択してください。

日本語での計算ツールがあらわれます。


0回の閲覧

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.