Chiropractic Forum

カイロフォーラム

 

初めてカイロ施術を受ける方にとって、患者さまの生の声である「治療体験記」は、きっと参考になるはずです

 
私のカイロプラクティック治療体験記
「カイロプラクティックでスタイルが
よくなる」
百貨店勤務 中村育世
 

 20歳の頃に急に腰が痛くなり、 何度か整形外科にも通いましたが、レントゲンの結果、異常なしとの事で、打つべき手もなく腰痛とともに数年間過ごしてきました。日常生活が困難なほどの痛みではなかったのですが、腰痛というのはつらいもので、痛みがなくなればいいなー、と常々思っていました。9ヶ月程前に友人の紹介で京都カイロプラクティック研究所を訪ねたのはそんな理由でした。

 

 初めて診察して頂いた時、腰痛の原因が骨盤の開きからきていることがわかりました。私はいわゆる下半身太りで、ダイエットをしてもお尻や太ももが細くならないので悩んでいたのですが、先生に骨盤が狭くなるとサイズも小さくなると教わりました。腰痛がなくなる上にサイズダウンにつながるなんて願ったりかなったりです。

 

 私の場合、月一度の通院と骨盤の位置にベルトを巻く事で、3度程の通院で腰痛はほぼなくなりました。いつも帰る時には体が軽く、その爽快感が病みつきになり次回が楽しみになってきました。

 

 半年程通った頃に一度自分のサイズを測ってみようと思い、お尻のサイズを測ってみたところ、なんと3センチも細くなっていました。これには私自身驚き、間違いではないかと何度も測りなおし、翌日も翌々日も測ってみましたが事実でした。現在では5センチ近く細くなり、今まで履いていたスカートやパンツに余裕がでてきました。

 

 また正しい姿勢・歩き方も教えて頂きました。始めは正しい姿勢をとると呼吸が困難なほど苦しく、その姿勢のまま歩くなんて考えられませんでした。でも、それを実践する事で正しい位置に戻していただいた体を維持できることや、スタイルがよく見えることを実感し、できる範囲で日々実践するよう努力しました。自分が気にかけていると他人の姿勢・歩き方が気になるもので、今では内股、猫背など過去の自分のような歩き方をしている方を見ると恥ずかしい気持ちになります。美しい歩き方をしている方がとても素敵に見えることにも気づきました。未だ完璧にはほど遠く課題は山積みですが、何も考えずに歩いていた頃がなんともったいない事か!!と感じています。

 

 私の場合は腰痛だけでなく最近では肩凝りもほぼなくなりました。と同時に首が長くなったと言われるようになりました。腰痛、肩凝りが治りお尻が小さく首が長くなる。健康的な体とは均整のとれた体と同じことだとわかりました。骨盤はまだまだ狭くなるとおっしゃってくださる先生の言葉を信じ、まさに美容と健康のためにこれからも頑張って行きたいと思います。

 

(2002.7.1)

 

先生のコメント:「構造改革」といえば政治の世界を連想される方がほとんどでしょう。しかし治療室ではそれより以前から「構造改革」と叫んでいました。(笑) 今回、中村さんの体験記では、その構造改革の成果が実に分かりやすく書かれています。

 

肩が下がると、首は長くなりますから、顔まで小さく見えます。体重は変わらないのに、周りから「痩せたの?」と聞かれる方がほとんどです。顔(フェイスライン)や首まわりがスッキリするからですね。女性の方はバストアップにもつながり、服もこれまで以上によく似合うようになります。その頃になると、肩凝りなどの不快な症状とは、「さよなら」される方が大半を占めます。同様に、骨盤(仙腸関節)が理想的な位置に改善されると、骨盤の問題に起因するO脚であれば同時に改善してゆきます。今まで太ももの付け根あたりが窮屈だったタイトなパンツもスッキリと履きこなせるようになります。症状の改善と同時にスタイルがよくなれば言うことなしですね。このように書いていると、当オフィスは美容を目的に施術しているようですがそうではありません。身体の「構造と機能」を統合する神経システムに対し理想を求めると、美容面からみた理想とも合致する訳です。

 

中村さんは、こちらでの指導を忠実に守られ、日常の姿勢にも努力を払われた結果、月に一度の通院でもサイズダウンをはじめ、理想的なスタイルへと変化が現れたようです。肩凝りや腰痛などの不快な症状もなくなって、まさに”一石二鳥”でよかったですね。通常は週に1~2回ぐらいの施術ではじめることが多いのですが、中村さんは、関節運動が非常に柔軟な方であったため、最初から施術間隔をあけながらでも良好な結果を得ることが出来ました。ご自身の日々努力の積み重ねが、実は一番の治療であったようです。以下、専門的な内容となります。一般的に神経系・リンパ循環等の改善を目的としたアプローチについては、不良姿勢が習慣化している方よりも、姿勢も正しく均整のとれた身体に対して行うほうが、一時しのぎの治療にならず、予後が極めて安定しているように思われます。重力場があるかぎり五感からの情報が絶えず働き、脳に刺激を与えているから当然ですね。座り方・立ち方・歩き方等が習慣的に偏ると、関節の位置受容器が複数の筋のトーンを抑制し、同側の脳の機能的低下を生じる可能性もあることから、さらに悪循環が生まれる訳です。臨床検査で異常が検出されなくても運動性失調や、小脳性失調、前庭・迷路性失調などの際にみられる静止性失調を呈する方が来院されることもあります。この場合、神経学的所見より障害部位、あるいは中枢を活性化できない要因の特定が最優先となりますね。しかし、常に人体をミクロ・マクロの両面から捉える姿勢を忘れず病態に対処したいと考えています。何故なら、足部の異常ひとつ見過ごすだけで、固有受容器からのマイナスの信号が末梢から中枢へ、治療室の帰りから発生していることになるからです。(T_T) また食生活から「脳」を注目しても、糖質・ブドウ糖はもとより、アセチルコリンをつくる材料が不足していたり、トリプトファンの代謝に関与するビタミンの不足、神経細胞の興奮や活性化に関与する微量元素の不足etc.ではお話になりません。加えて大人はもとより幼児でも、電解質ミネラルの細胞内外の濃度差が適正でないケースを私は度々確認しています。この場合、正常な神経伝達が行われないことは言うまでもありません。施術者側は分子レベルのミクロスコピック(微視的)な世界から発生する信号と、マクロスコピック(巨視的)な身体からの信号の双方を見過ごすことのないよう、偏狭な目をもつことなく、自戒しながら今後も臨床に望みたいと考えています。たいへんだ~。(;^_^A

 

 

 

 

 

次へ / 戻る / トップ

 
私のカイロ治療体験記 

■『治らない両足の足底筋膜炎』大阪市 渡部様

■『いくつもの医療機関、治療院を経て』理学療法士 西村様

■『健康に留まらず、生きる喜びに向かって走る』 野々口様 

■『うづくまるひどい頭痛に悩まされて』 近藤様 

■『私とあんじゅ京都カイロプラクティック』 A.T, 

■『カイロとの出会いそして現在』 音楽講師 福井様  

■『カイロプラクティックでスタイルがよくなる?!』百貨店勤務 中村様  

■『良い出会い』 滋賀大学医学部5回生 依田様  

■『顎の痛みで不自由な生活を強いられた高校時代』関西外国語大学 児島様  

■『カイロ治療・・・膝の痛み』早稲田大学本庄高等学院応援部 石井様  

■『F. H. Lからと診断された腰痛』 臨床検査技師・国際細胞検査士 芦田様  

■『12年間悩まされた首の痛みが救われて』草津市 教師 坂田様 

■『カイロプラクティックの治療を受けて』京都市 講師 藤原様  

■『カイロ治療 私の場合』大阪市 宮城様  

■『晴ればれの記』作家 山田沙美様  

■『燃えて生きるために』美容業 滝本様 

 

私の見学日記 

「私の見学日記』南部カイロプラクティックセンター 南部 徹 先生  

 

所長の講演日記より 

■京都市立日野小学校で家庭教育講演 

■学校法人京都南カトリック学園 青谷聖家族幼稚園で講演 

■ NCA(日本カイロプラクティックアカデミー)北陸本部セミナー 

これまでの主な講演 

 

私の忙中有閑(所長のエッセイ)

■人権概念の生成過程と東アジアを中心とした現代の人権問題について考える

■BIS(自己資本比率)規制の目的と手段について想う

■現代社会が生み出した運動不足と不定愁訴 ーラジオ体操の勧めー 

■医療におけるグローバリゼーション

■シリーズ 「元気に百歳人生」 2012.10月発行 明倫自治連合会、季刊誌「めいりん」秋 Vol.4より

■「明倫学区ボウリング大会」 2013.4.7 / 明倫自治連合会発行、季刊誌「めいりん」、半世紀ほど前の祇園祭の写真、六角堂の鳩 

■京都市中京消防団第33回親睦ボウリング大会 2015.9.6 

 

原稿ーNCAカイロニュースへ 

■貴方の知らないことは見過ごしてしまう- NCA西日本本部ニュース『フラクタルWEST』98.5月号より 

■グローバル化時代の健康政策 -NCAカイロニュース巻頭文(1997)より- 

 

取材・掲載記事より 

■文藝春秋 「大養生 百歳人生の健康読本」平成15年7月15日発行

■日本画報‘96.1月号より

■杏林予防医学ニュースVol269より

 

VOICE OF STAFF 

■就職を機に「あんじゅ京都カイロ」を卒業することになりました staff 方山  

■声楽とカイロプラクティック staff 松田  

■Facebook 院長の個人ページから 

■野生ラベンダークリームづくり staff 平等 

■モスキートバスターズ staff一同 

■洗濯日和 院長 

■結婚で退職することに staff 小島 

■胎児・乳幼児のための亜麻仁油 staff 小島 

■はじめまして 坂本です  staff 坂本 

■大学卒業でカイロを退職 あんじゅ京都カイロ通信 No.10より  staff 古泉 

■タイ旅行記 staff 古泉 

■はじめまして吉本です あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 吉本  

■キャンギャル夏の体験記 あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 大下

VOICE OF STAFF番外編 

■「あんじゅ京都カイロ研究所」でアルバイトされる方のために staff 齊藤

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.

 

⇦ PC専用のサイトです

より詳細なコンテンツをご覧頂けます