カイロプラクティック施術のプロセス

実際のカイロプラクティック施術のプロセスをわかりやすく説明しています

骨盤部へのアプローチの一例

 腰痛を訴え医療機関を受診される方のうち、器質的な問題等の特別な所見が無いため「いわゆる腰痛症」と診断される方が、腰痛症の過半数を占めるといわれます。

 

 このため、痛みの原因が具体的に判らず、どのような治療を受けたらよいか、日常どのような点に気をつけたらよいのかわからず困惑されて来院される方がほとんどです。「悪性腫瘍や恐い病気による腰痛は否定されたのですからよかったですね」と声をかけるのですが、当人はそれでも痛いことはかわりないので余り嬉しくなさそうで、原因がわからないのもつらいものです。

 

 妊婦さんの腰部や殿部の痛みは、子宮ホルモンのリラキシンの影響で靭帯が弛緩した為、仙腸関節が不安定になり、骨盤の前傾増加がそれに伴うことが考えられます。これは一例ですが、実際のところ仙腸関節が機能障害をおこす原因は次のように幾つも考えられます。 足の組み方や、寝ているときの足のポジション、足関節の問題、筋の抑制など様々なケースがあるのです。

 

 症状も骨盤の状態によって様々です。よくみられるのは 仙骨に体重の負荷が加わっても、生理的に正しい方向つまり前方に仙骨が移動しないため、身体が重力に抵抗できなくなる状態で、視診では身体の片方が下方に下がっていることがあります。 

 

 つぎに正常な歩行時では脚を交互に地面に着くたびに骨盤のツイストがみられますが、これが固定されて正常な骨盤の捻じれが消失した状態の方も、先のタイプと同様に頚肩や下肢までに筋緊張がみられます。また硬膜の緊張や縫合の動きの制限のため、頭部顔面部にまで愁訴が及ぶことも多いのです。 バイオメカニカル的な原因から生じる腰痛の中で最も激しい疼痛は、腸骨の捻じれと仙骨の側屈回旋、L4、L5の傾き又は回旋がみられる状態です。 

 

 上の写真は寛骨に対して仙骨が後方に僅かに変位したことにより、自動的に収縮機能をもたないため緊張した仙腸靭帯と腸腰靭帯の閾値を正常に戻しているところです。 私がまだ若かりし頃、アメリカでの解剖実習中に仙腸関節の問題面(仙骨耳状面と腸骨耳状面)の個体差に驚いたことがあります。この関節面だけは、解剖図も参考程度にしかならないようです。

  

 

次へ / 戻る / トップ

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.

 

⇦ PC専用のサイトです

より詳細なコンテンツをご覧頂けます