Chiropractic Forum

カイロフォーラム

 

初めてカイロ施術を受ける方にとって、患者さまの生の声である「治療体験記」は、きっと参考になるはずです

私のカイロプラクティック治療体験記
随想『晴ればれの記』
山田 沙美 作家
 

 木々の芽がつん、つん、と空を仰ぎどこからか沈丁花の匂いが流れてくる頃ともなれば、私は、ああーやっと「風邪」から逃れたと思う。これは過去の冬越しの想いであった。

 

 私の幼年期、少女期は両親と離れ住んで、祖母の溺愛の中で育った。

 

 良く言えば「かすみ草」のように弱々しく、悪く言えば全く骨無しのような青い顔をした女の子であった。とにかく冬中「風邪」をひいているようであった。

 

 雨に濡れるとすぐ熱が出る。幼稚園はおやすみばかり。雪でも降ろうものなら一日中祖母と「炉燵」の中で過ごす。なぜか三毛猫が常に側で喉を鳴らしていた。

 

 祖母はそんなとき、よく言ったものだった。「寝るほど楽はなけれども起きて働く馬鹿がいる。ホイ。ホイ。」と。私は待ってましたと「寝ましょ。寝ましょう。」と、合の手を入れる。祖母と私は布団の中にもぐりこむ。祖母の手はゆっくりと私の上を撫でて肩を揉んでくれる。私はうつら、うつらと、窓越しに雪を見ていた。雪の中で近所の子供達と遊べないひ弱な子供であった。 その祖母が私の14才の春に、69才の生涯を終えた。

 

 突然放り出された恰好で私は両親の元に戻ったが、もう其の頃は「立派な肩凝り症」になっていた。

 

 幸か不幸か両親の商売が「ホテル」業であったため、マッサージの人が出入りしていた。三日にあげず私は肩を揉んで貰うが、口内炎、鼻詰まり、腰痛と長い間苦しんできた。そんな折に友人が「カイロプラクティック」の荒川先生を紹介して頂いた。

 

 最初、ただ肩の凝りだけなのに、なぜ?と思うほど丁寧な問診があった。今迄のように肩の筋肉だけを揉む、というより全身の骨格の隅々まで先生の治療の力が喰い込むようで悲鳴をあげつつも。治療後はすっきりとした気分になる。体力が蘇生したように晴ればれとなる。

 

 元々細身の体であったが少しずつ体重も増してきた。 ドアを押し、治療室に入ると静かな音楽が流れている。それだけで私は精神的に落ち着き、素直な気持ちになれる。今年の冬は二回程、鼻詰まりになったくらいで過去の「風邪の高熱」とはおさらばである。

 

 長年親密にして頂いている私の菩堤寺の住職の奥様は- 心は菩堤寺に、体は荒川先生に、貴女はいいねぇ - と、言われた事を折にふれ、思い出す。

 

 紹介して頂いた友人に感謝しつつ、これからも荒川先生、助手の皆様にお世話になる事と思います。

 

 日々古りぬ現身野辺の春菜つむ 沙美

 

 

 

次へ / 戻る / トップ

私のカイロ治療体験記 

■『治らない両足の足底筋膜炎』大阪市 渡部様

■『いくつもの医療機関、治療院を経て』理学療法士 西村様

■『健康に留まらず、生きる喜びに向かって走る』 野々口様 

■『うづくまるひどい頭痛に悩まされて』 近藤様 

■『私とあんじゅ京都カイロプラクティック』 A.T, 

■『カイロとの出会いそして現在』 音楽講師 福井様  

■『カイロプラクティックでスタイルがよくなる?!』百貨店勤務 中村様  

■『良い出会い』 滋賀大学医学部5回生 依田様  

■『顎の痛みで不自由な生活を強いられた高校時代』関西外国語大学 児島様  

■『カイロ治療・・・膝の痛み』早稲田大学本庄高等学院応援部 石井様  

■『F. H. Lからと診断された腰痛』 臨床検査技師・国際細胞検査士 芦田様  

■『12年間悩まされた首の痛みが救われて』草津市 教師 坂田様 

■『カイロプラクティックの治療を受けて』京都市 講師 藤原様  

■『カイロ治療 私の場合』大阪市 宮城様  

■『晴ればれの記』作家 山田沙美様  

■『燃えて生きるために』美容業 滝本様 

 

私の見学日記 

「私の見学日記』南部カイロプラクティックセンター 南部 徹 先生  

 

所長の講演日記より 

■京都市立日野小学校で家庭教育講演 

■学校法人京都南カトリック学園 青谷聖家族幼稚園で講演 

■ NCA(日本カイロプラクティックアカデミー)北陸本部セミナー 

これまでの主な講演 

 

私の忙中有閑(所長のエッセイ)

■人権概念の生成過程と東アジアを中心とした現代の人権問題について考える

■BIS(自己資本比率)規制の目的と手段について想う

■現代社会が生み出した運動不足と不定愁訴 ーラジオ体操の勧めー 

■医療におけるグローバリゼーション

■シリーズ 「元気に百歳人生」 2012.10月発行 明倫自治連合会、季刊誌「めいりん」秋 Vol.4より

■「明倫学区ボウリング大会」 2013.4.7 / 明倫自治連合会発行、季刊誌「めいりん」、半世紀ほど前の祇園祭の写真、六角堂の鳩 

■京都市中京消防団第33回親睦ボウリング大会 2015.9.6 

 

原稿ーNCAカイロニュースへ 

■貴方の知らないことは見過ごしてしまう- NCA西日本本部ニュース『フラクタルWEST』98.5月号より 

■グローバル化時代の健康政策 -NCAカイロニュース巻頭文(1997)より- 

 

取材・掲載記事より 

■文藝春秋 「大養生 百歳人生の健康読本」平成15年7月15日発行

■日本画報‘96.1月号より

■杏林予防医学ニュースVol269より

 

VOICE OF STAFF 

■就職を機に「あんじゅ京都カイロ」を卒業することになりました staff 方山  

■声楽とカイロプラクティック staff 松田  

■Facebook 院長の個人ページから 

■野生ラベンダークリームづくり staff 平等 

■モスキートバスターズ staff一同 

■洗濯日和 院長 

■結婚で退職することに staff 小島 

■胎児・乳幼児のための亜麻仁油 staff 小島 

■はじめまして 坂本です  staff 坂本 

■大学卒業でカイロを退職 あんじゅ京都カイロ通信 No.10より  staff 古泉 

■タイ旅行記 staff 古泉 

■はじめまして吉本です あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 吉本  

■キャンギャル夏の体験記 あんじゅ京都カイロフォーラムNo.5より  staff 大下

VOICE OF STAFF番外編 

■「あんじゅ京都カイロ研究所」でアルバイトされる方のために staff 齊藤

あんじゅ京都カイロプラクティック研究所のホームページへようこそ!

当院は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線『烏丸御池駅』から徒歩4分、阪急電鉄京都線『烏丸駅』から徒歩9分ほどのところにある、整体・カイロ治療院です。当院では、肩こりや腰痛、頭痛、眼精疲労、ウエストラインの左右差・美容骨盤矯正など、痛みが伴わないケースについてもカイロプラクティックの立場から、最善の施術を行います。幅広い年齢層の患者様に通院していただいておりますので、整体やカイロプラクティックをはじめて受ける方もお気軽にお問い合わせください。祇園祭で知られる明倫学区、衣棚通り三条を南へ少し歩き、京都市の「広野了頓邸跡」の看板が目印になります。京都の整体をお探しなら、あんじゅ京都カイロプラクティック研究所へ是非一度ご来院ください。

 

 

© 2015 by Kyoto-Chiropractic (anjuu),

All RIghts Reserved.

 

⇦ PC専用のサイトです

より詳細なコンテンツをご覧頂けます